P「ヒマだって?」 亜美雪歩「はい」