律「踏みつけたからこそ摘むことが出来た四葉」