剣心「薫殿、お昼ご飯はまだでござるか・・・?」