ヴィーネ「私実は…悪魔じゃないの……!」ガヴサタラフィ「知ってた」ヴィーネ「えっ」