伊織「もう…いないのよ」