喪黒福造「頭のツノを消したいのですか」毛利蘭「そうなんです……」