ありす「待ってくれてもよかったのに…」 晴「いつまで言ってんだよ」