部屋の主人(♀)「信じられないなら信じなくていい。でもね、もうキミに居場所なんてないんだよ