ガヴリール『それは、むかし、とてもむかしのおはなしです』