由比ヶ浜「あぁ〜腋の下が汗でびちょびちょ」雪ノ下「・・・なぜ私」