肇「私に何か言うことはありませんか?」