アナスタシア「星を見るのに付き合ってくれませんか?」