レナ「お正月らしいことに付き合ってくれない?」