曜「千歌ちゃん……が、欲しいです」