茜「熱さに熱さで付き合ってくれる人」