藤原肇「良き人とふたり、桜の下で」