フィアンマ「―――いいだろう。まずは、その哀れな幻想を救ってやろう」